ゴキブリ駆除についてEXTERMINATION

ゴキブリによる症状でお困りではありませんか?

ゴキブリは、はるか昔の約3億年前から生息する網翅目(ゴキブリ目)に属する 不衛生害虫や不快害虫と言われています。
日本に生息し家の中や飲食店・食品施設などに侵入、生息するのは数種類です。
高温多湿を好み、気温が20度を超えると活動が活発になります。
ゴキブリの卵は卵鞘という硬い袋の中に十数個入っており、これで孵化まで守られます。
孵化した幼虫は成虫とほぼ同じような体型をしており、脱皮を繰り返して翅が生えた成虫になります。
この事からゴキブリは1匹見かけると数十匹は生息していると言われています。

ゴキブリ駆除サービス

ゴキブリ駆除の基本は、発生状況、生息場所(営巣箇所)を正確に調査する事から始まります。正確に調査することにより、早期にゴキブリの発生及び繁殖を抑える事が可能になります。ゴキブリの卵は卵鞘という固い袋の中に数十個入っており、この袋の中で孵化まで守られます。
繁殖力が非常に強いため、気付かれた時点で早急に対応する事をお勧めします。具体的なゴキブリ駆除方法は以下の通りです。状況によって、数種類の施工方法を組み合わせて施工するなど、お客様の現状に最も適した方法で施工致します。

ゴキブリの被害

コレラ

コレラ菌に汚染された食べ物や水を摂取すると感染します。感染すると1日から3日程度で下痢や嘔吐といった症状が現れます。主に東南アジアで発生していますが、日本でも年間数件の感染報告があります。

サルモネラ属菌

サルモネラ属菌は数千種類もあり、そのほとんどが中毒症状を引き起こします。サルモネラ菌属による食中毒は鶏卵やネズミ・ゴキブリが媒介すると言われており、さらに食料品の原材料にも寄生するため、一度に多数の被害が発生します。症状は、発熱や嘔吐、下痢を起こすため、重症の場合には死亡してしまうことがあります。

病原性大腸菌O-157

病原性大腸菌O-157は、ゴキブリやハエの媒介により発症する場合があります。感染すると激しい腹痛や嘔吐、発熱や血便等の症状がでます。初夏から秋にかけて多く発症し、日本国内でも毎年数十人から数百人規模の感染報告があります。

赤痢菌

食べ物などによる経口感染によって人間へ感染します。ゴキブリやハエが媒介する場合もあります。しかし、現在ではほとんど見られなくなりました。感染すると腹痛や発熱、下痢といった症状がでます。

黄色ブドウ球菌

この菌も食中毒の原因となる一種です。感染すると下痢や嘔吐、腹痛といった症状がでます。黄色ブドウ球菌は、感染したとしても比較的軽めの症状で済む場合が多いです。

ゴキブリの特徴

ゴキブリは水が無ければ生きていけません。
水場周辺で良くゴキブリを見かけるのはこのためです。ただし、水が無い状態でも数週間生きたという例もあります。また、餌が無くても水だけあればやはり数週間生きたという報告もあります。
ゴキブリは主に夜行性のため、「夜間にトイレへ行く際に見かけた」や「夕食時に見かけた」ことが多いと思われます。
ゴキブリは餌と水があり、暖かで狭く暗い場所を非常に好みます。日中はこのような場所に休息している事が多いです。
また、成虫になるまでにある程度の時間を要するのも共通する特徴の一つです。どのゴキブリも成虫になるまでに一年以上かかる場合がほとんどです。

ゴキブリの食生活

雑食性で人間の食する物はほとんどが餌となります。
流し台に溜ったゴミや油類、人間、動物の排泄物なども餌にしてしまいます。
時には動物や昆虫の死骸まで食べてしまいます。
それ故に、ゴキブリは病原菌を媒介し衛生上好ましくない害虫として扱われているのです。

お問い合わせCONTACT