シロアリの駆除方法EXTERMINATION

薬剤処理工法

土壌処理

人と環境に十分配慮した土壌処理剤を使用します。
この土壌処理剤を動力噴霧機等を用いて床下などの土壌へ直接薬剤を散布致します。床下土壌にいるシロアリの駆除と同時に薬剤を散布する事で、新たなシロアリの侵入に備えバリアを作ります。

木部処理

床下の木部への薬剤散布処理の他に土台や支柱などの木部に食害(シロアリによる被害)が確認された場合には、穿孔薬剤注入処理を行います。(ドリルで柱や壁に穴を開け、薬剤を注入後、蓋をします。)

薬剤処理工法の作業工程

STEP1:事前調査

シロアリによる被害・状況がどのようなものか、まずは事前に床下等の調査を行います。調査結果に基づき、弊社独自の「施工現場調査確認書」を作成いたします。住居者の構成、近隣の状況や環境に配慮した施工方法をご提案させて頂きます。 ※調査結果によっては、薬剤処理工法をお勧めできない場合もございます。その場合はセントリコン・システムをご提案致しております。

STEP2:侵入口の確保・養生作業

床下へ潜る侵入口を確保します。確保後、シロアリ駆除作業の汚れ防止のため、玄関から侵入口までをビ二ールシートで養生します。

 

STEP3:床下へ侵入


建物の基礎構造によっては、床下内の通風口を拡張(ハツリ処理)する場合があります。その場合は、事前にお客様に確認致します。また、拡張(ハツリ処理)をする場合には、追加の料金がかかります。

 

STEP4:木部処理

床下の木部への薬剤散布処理を行います。また、食害がある木部につきましては、後に穿孔薬剤注入処理を行います。

 

STEP5:土壌処理

木部処理終了後、床下の土壌へ薬剤を散布していきます。

 

STEP6:穿孔薬剤注入処理


お風呂場は基礎の状況にもよりますが、床下からシロアリ駆除作業ができない場合もあります。そのような場合には、外壁より穿孔薬剤注入処理を行います。

 

STEP7:作業完了


一通りの作業が済んだ段階で、お客様へ作業終了のご報告を行います。作業終了の確認を得た後、床下より回収した木屑などの片付けや使用した機材の片づけを行います。

 

お問い合わせCONTACT