ハクビシンEXTERMINATION

ハクビシンの生態

ハクビシンは外来の哺乳類で、近年日本国内で急激に増えています。頭胴長は60㎝前後、尾は細長く40㎝前後。顔の真ん中、鼻の白い筋が目立つ夜行性動物です。
柿や桃、ミカンなどを食い散らかし、農業被害の原因となっています。また、民家の床下や屋根裏等へ入り込んで糞尿を撒き散らしたり、ハクビシンに寄生しているノミ・ダニ等による二次被害の原因ともなります。

駆除方法

ハクビシン作業は主に捕獲・追い出し・侵入口閉塞に分けられます。調査時に具体的に施工方法をご提案します。
また、同時にダニやノミの防除作業及び糞尿などの消臭作業を行う事も可能です。こちらも状況調査時にご提案しますので、お気軽にご相談ください。

鳥獣対策に関する法規

※ここに掲載されていないものでも対応致しますので、どんな害虫・害獣のことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせCONTACT