ニュース・ブログNEWS & BLOG

【ネズミ駆除】 なぜ?冬場にネズミが出てくる理由とは。

2017/09/22
ネズミ駆除

こんにちは、ミヤコ消毒です。

 

寒くなるとネズミが出てくる季節。

しかし厳密に言うと出てくるというのは間違いで、

人に気づかれやすくなる>となります。

 

ネズミは人と同じ哺乳類で、恒温動物。

環境によって体温を変えられないので、

季節毎に住みやすい環境に潜んでいます。

 

夏なら屋外の風通しのよい物陰、木陰など。

逆に寒くなると人と同じで外には居られないので、

小さな侵入口を見つけて、室内に入ってきます。

 

冬は暖房等で室内を暖かくし、上昇気流で屋根裏

が特に暖かくなるので、屋根裏に潜んでいます。

すると屋根裏を走り回る音がする→住人が音を

察知してネズミの存在に気付くとなります。

 

 

このようにネズミは屋外と室内を行き来しています。

行き来する侵入口はエアコンと室外機をつなぐ

ダクトの穴のスキマなど。隙間の周りが黒く汚れて

いたらネズミが出入りしているサインです

 

また室内に米粒くらいの黒いものが落ちていたら

ネズミのフンの可能性があります。

 

そんなサインを見つけたら、専門業者にご相談ください。

ミヤコ消毒は、室内のネズミの駆除、

また室内への侵入口の閉塞を行います。

お問い合わせはこちらへ。

一覧へ戻る