ニュース・ブログNEWS & BLOG

【ネズミ駆除】石見銀山ねずみ捕り

2017/12/09
ネズミ駆除

こんにちは、ミヤコ消毒です。
日々、害虫・害獣駆除をやっているとふと、

昔はどのようにして駆除していたのだろうと思います。

 

中学の頃だったか学校で、弥生時代などの

高床式倉庫にはネズミ防除のネズミ返しが

ついていた、なんて習ったなと思い、

当然ながら人の歴史より前からネズミは

居たんですよね。

 

 

 

江戸時代などは、東京は都市化が進み、

人は増え、建物は密集し、当然食べ物も

ふんだんにある状態。

 

今と変わらずネズミにとっても暮らし

やすい環境だったと思います。

 

そんな江戸時代のネズミ駆除で有名なのが、

[石見銀山ねずみ捕り]という殺鼠剤だったとの事。

 

既にその当時殺鼠剤があったとは驚きです。

 

[石見銀山ねずみ捕り]は、鉱山で銅などを産出

する際に一緒に取れるヒ素などを加工した毒薬で、

恐らくネズミの餌になりそうなものと混ぜたり

していたのだろうと思います。

 

猛毒であるため、現在は使われていませんが、

人間とネズミの戦いは遠い昔からあったようです。

 

ネズミでお困りでしたら、ぜひミヤコ消毒に

お問合せください。

 

お問合せはこちら

一覧へ戻る