ミヤコ消毒管理部北山です。

 

11月下旬、散歩をしていましたら雑草の先にアブラムシをみつけました。農家さんやガーデンニングが趣味の方なら、大害虫と記憶している方も多いのではないでしょうか。

私も農業高校出身なので、アブラムシの恐ろしさはまぁまぁ聞かされました。

そんな中、ふとこう思ったのです「梨についたアブラムシは梨の味がするのではないか?」と。

アブラムシは植物の栄養が含まれている師管液を餌にしています。師管液食には大量の糖分が含まれていて、これを排出するのが病気発生の原因の一つにもなります。

つまりアブラムシの中には梨の糖分、味があるのではないか。私はそう考え、早速試してみました。すると、確かに梨の味がしたのです!直後、植物特有の青臭い風味がきて悶絶したのですが。

今考えてもおかしいことしたなと思うのですが、疑問に明確な答えを自分で出す楽しさ、それをアブラムシに教えてもらいました。私にとってアブラムシは先生のような虫です。