1. HOME
  2. 害虫駆除・予防サービス
  3. 害虫ディクショナリ
  4. ハエ類・蚊(カ)類

害虫ディクショナリ

各種害虫の情報を掲載します。

害虫ディクショナリ

ハエ類・蚊(カ)類

ハエ類

ハエ類の駆除は、発生源を特定する事が重要です。 発生源が分からない状態ではハエの駆除や予防は難しくなります。 ハエの種類によってはある程度発生源が特定出来る物もあります。 まずは、ハエの種類を特定しましょう。

キイロショウジョウバエ

腐熟した果実やリキュール類、酒粕、ぬか味噌などからよく発生します。 ショウジョウバエを見掛けた場合は、特に上記の場所を見て下さい。

左は、キイロショウジョウバエ幼虫
右はキイロショウジョウバエ成虫

チョウバエ類

体全体に長剛毛を密生させています。幼虫は多湿な腐植質の多い場所で成育します。 主な発生場所は、浄化槽や排水溝などです。ビルの地下通路や地下の店舗内でも よく見掛けます。大量に発生すると顔に止まったり、鼻や耳に入ったりもします。 不快害虫の代表的な種です。

左はオオチョウバエ
右はホシチョウバエ

ハエの駆除方法

ハエの種類によって駆除方法は変わります。チョウバエ駆除であれば排水溝などが 発生源の為、マンホールを開き薬剤投与や散布処理を施します。 具体的な駆除方法につきましては、調査時にご説明させていただきます。

蚊(カ)類

ハエ類と同様、種類を特定する事により発生場所を特定出来る場合もあります。 また、種類を特定する事により生態の分かってきます。

アカイエカ

発生源は下水溝や側溝、水溜りなどで主に日没から夜間に吸血する蚊です。 冬は成虫が休眠して越冬します。

写真はアカイエカの成虫です。

ヒトスジシマカ

主な活動時間は日中で、昼間に庭や公園、やぶ、墓地などでよく吸血します。 行動範囲はそれ程広くはなく、発生源の近くで獲物が来るのを待ち構えています。

チカイエカ

近年、ビルの地下などで多く見られるようになりました。主な発生源は汚水槽、 浄化槽、地下の側溝など。都市中心部ほど多く発生している害虫です。 成虫のまま越冬する為、冬の時期に蚊に刺される場合はチカイエカが原因かも しれません。

蚊(カ)の駆除方法

ハエ駆除と同様、種類によって駆除方法は変わります。 ビルの地下などで見掛けるチカイエカの場合は、チョウバエ同様マンホールを開き 薬剤投与や散布処理を施すのが一般的です。 具体的な駆除方法につきましては、調査時にご説明させていただきます。