1. HOME
  2. 害虫駆除・予防サービス
  3. 害虫ディクショナリ
  4. ねずみ類

害虫ディクショナリ

各種害虫の情報を掲載します。

害虫ディクショナリ

ねずみ類

ねずみの種類と性質について

ねずみの種類について

特に、被害をもたらす3種類をご紹介いたします。

種類ドブネズミ
クマネズミ
ハツカネズミ
成獣体長約18cm~26cm位約15cm~20cm位約6cm~9cm位
成獣体重約300g約200g約15g~20g
寿命約3年間約3年間1年間~1年間半
特徴体の長さより尾の長さが短い。
耳が小さい。
どう猛。
主に下水溝周辺や建物床下にて生息している事が多く、雑食の為、何でもよく食べます。
垂直方向への運動能力はクマネズミより劣りますが、遊泳力能力は発達しています。
体の長さより尾の長さが長い。
耳が大きい。
垂直に壁や木を上る事が出来ます。
また、警戒心が非常に強く繁華街のビル内や一般家庭では、天井裏等で生息している事が多いのも特徴の一つです。
体の長さと尾の長さがほぼ同じ。
耳が大きい。
主に郊外の田畑周辺にて生息し、冬場が近づくと倉庫や納屋等へ侵入してきます。
穀物類を好んで食べます。

ねずみの性質について

一般にドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミなど人間が生活する施設の内外を棲家としているものを家鼠と呼び、中でもドブネズミは屋外に棲む事が多い為、半棲家性鼠と呼ばれたりもします。
これに対し、主として山林、原野、耕地に棲むアカネズミ、ハタネズミ、ヤチネズミ等は通常屋内に侵入せず、野鼠として取り扱います。
しかし、家鼠の中には耕地、原野に棲む集団もあり、農作物を加害し、環境が悪くなれば家屋の周辺に集まるものもあります。
したがって、家鼠と野鼠の区別は絶対的なものではありません。
駆除を行なう場合は屋内と同時に屋外も行なう方がより効果的だと考えられております。

ねずみの繁殖と成長について

ドブネズミは一回に9匹前後を出産し、年間5回は出産可能といわれています。
妊娠期間は約21日、一匹の雌は一年間に20~25匹程度を離乳します。
生後20~25日で分散し、3ヶ月で成体となります。
生まれてから一年間以内に70~80%の個体は様々な原因(天敵・自然死・病死等)で死ぬといわれています。
ドブネズミ、クマネズミの寿命は約3年といわれ、ハツカネズミの寿命は1年から1年半といわれています。

ねずみの食生活について

ネズミは人間が口にする物は一通り何でも食します。
台所の食べ物をかじり、食中毒や以前はペストを媒介し、時には乳児を噛んで殺したりもするネズミ。
その被害は相当なものです。
かつてのお話ですが、FAO(国連食料農業機構)の発表によるとヨーロッパ・日本でのネズミによる被害は全食料の10分の1、東南アジアでは5分の1、特にひどいインド・フィリピンでは4分の1となっていました。
この状況を現在の日本に当てはめると、日本の全人口の約1割を占める東京都民が一年間に消費する食料を日本国内に生息しているネズミが食べている計算となります。
大喰いのネズミは一日に自分の体重の3分の1から4分の1の量を食べているといわれています。
ネズミ一匹の重さが100gから大きいもので300g位ありますので、餌をどれ位食べているのかお分かりいただけるでしょう。

ねずみがもたらす病気について

サルモネラ属菌

サルモネラ属菌は、数千種類もありその殆どが中毒症状を起こします。
サルモネラ属菌による食中毒は鶏卵やネズミ、ゴキブリが媒介するといわれています。
このサルモネラ属菌は食料品の原材料にも寄生する為、一度に多数の被害が発生します。
症状は、発熱や嘔吐、下痢を起こす場合や重症の場合には死亡してしまう事もあります。

ツツガムシ病

この病原菌(ツツガムシ病リケッチア)はダニの一種であるツツガムシが持っています。
山林等を歩いている時にネズミや人間に付着し体液を吸います。
症状は7日から14日で高熱を発し、体に赤い発疹ができ激しい頭痛や腰痛がでる場合があります。
また、治療が遅れると中には意識不明となり発症から3週間程度で死亡するケースもあります。
致死率が高い為、早急な治療が必要です。

レプトスピラ症

主にドブネズミが感染源といわれています。ドブネズミの尿から菌が排出され、尿に汚染された土壌や水から人に皮膚感染します。
この菌の特徴は、水の中でも生きていけるという事です。
川遊びが原因での集団感染も報告されています。この菌に感染すると無症状の場合もありますが、高熱や筋肉痛、黄疸等の症状がでます。
現在の日本は衛生環境の向上により感染者は著しく低下しましたがネズミが室内に出没しているなどの場合には十分な消毒をお勧め致します。
国外では東南アジアや中南米等亜熱帯地域にて現在でも流行しています。

鼠咬症(そこうしょう)

この病原菌(ストレプトバチルスや鼠咬症スピリルム、モニリフォルミスなど)をもったネズミに噛まれると発症する病気です。
ネズミに噛まれてから7日から10日程で噛まれた傷跡が赤く腫れ、その腫れが崩れ体中に暗紅色の発疹が現れます。
高熱や頭痛、関節痛が数週間繰り返されたりもします。関節痛は耐えられない程の痛みが伴う場合もあるといわれています。

ペスト

ペストはクマネズミに寄生するノミの体内にいるペスト菌によっておきます。
このノミに刺されると一週間位の潜伏期間の後、発病します。
症状は、まず高熱が続きます。その後目まいをおこしたり虚脱状態になり皮膚が乾き黒紫色の大きな斑点ができたりします。この症状は別名『黒死病』と呼ばれています。
1926年以降、日本国内ではペスト患者は発生していないといわれております。
しかし海外旅行等、海外へ行く機会がある場合には注意が必要です。

ワイル病

この病気は病原菌(スピロヘータ)が土の中にいて小さい傷口から体内へ侵入してきます。
ネズミの尿中にはこの病原菌がたくさんいるといわれています。
感染した場合の症状は4日から10日程の潜伏期間後、高熱を発し強い黄疸症状が現れ激しい筋肉痛に襲われます。
重症になると死亡という報告もあります。
現在の日本では沖縄県で発生した事例がある以外では感染の報告はありません。
国外では東南アジアや中南米等亜熱帯地域で特に被害が多いといわれていますので国外へ行かれる際には注意が必要です。

ネズミ駆除特設ページはこちら(専用サイトが開きます)