1. HOME
  2. 害虫駆除・予防サービス
  3. 《一般家庭》
  4. 有害鳥獣の駆除事業

《一般家庭》

住宅に纏わるネズミ・ゴキブリ・シロアリ被害。 害虫、害鳥獣対策はミヤコ消毒にお任せください。

《一般家庭》

有害鳥獣の駆除事業

近年、有害鳥獣といわれるドバドやハクビシン、カラス等の被害でお悩みの方が多く見受けられます。
しかし、日本国内では野生の生き物は鳥獣保護法により守られており、民間の方が勝手に捕獲することはできません。また、国民感情としても、可愛らしい動物や鳥を駆除する事への抵抗が強くあります。

そこでミヤコ消毒では、難防除といわれる有害鳥獣を対象とした専門部門を開設しています。
駆除のみではなく、そのような野生の生き物と上手にお付き合いするためのアドバイスやお手伝いもしています。
お気軽にご相談・ご利用ください。

お問い合わせ

カラス駆除

カラスの種類・生態

カラスの繁殖期は春から夏にかけて、一夫一妻制のもと協力して子育てを行います。繁殖時期に巣周辺を通っただけで、低空飛行を行い人を威嚇する場合もあります。巣は樹木や電柱、送電塔等に針金ハンガーや小技を上手く組み作ります。繁殖時期にカラスによる被害に遭われた場合などは、弊社へご相談ください。調査の上、巣の撤去をご提案します。

カラスの駆除方法

カラスの防除は高所作業車や脚立等を使用して、巣の撤去を行います。

ハト(ドバト)の駆除

ハトと一言で言われていますが、一般に都会で見かけるハトはドバトといって、人に飼われているハトとは別の種類です。ハトは平和の象徴と位置付けられてきましたが、近年大幅な繁殖により、フン害など人への危害をもたらす事も多々確認されています。非常に繁殖力が強いため、被害が拡大する前に何らかの対策を講じることをお勧めします。ハトの駆除には都道府県知事の鳥獣捕獲許可が必要なため、専門業者にお任せください。

ハトによる被害の一例

ハトの持っている菌による汚染(糞のある現場では空気感染に注意が必要です)。
ハトに寄生しているダニによる被害
マンション・工場等における糞害及び悪臭

ハトの駆除方法

    1. 物理的なハト避け
      ハトが止まりやすい箇所にワイヤーや剣山、ハト忌避剤等を設置して、止まりにくくする方法と、防鳥ネットを設置して一定のエリアにハトを侵入させない方法があります。
      防鳥ネットは目立たない程度にメッシュ(網の目)が細かい種類を使用しますので、外観及び鳥類の絡まり等に関しては問題ありません。
    2. ハトの捕獲
      対象エリアが広い、もしくは飛来する数が多い場合には各市町村に許可を得て、トラップによるハトの捕獲を行います。
      トラップの設置、誘引餌の管理、捕獲されたハトの回収等を弊社で行います。
    3. ハトの巣撤去、ハトの糞清掃
      天井裏やベランダなどはハトが営巣することがあります。
      巣作りのための小枝や落下した羽、糞などは衛生的な問題だけではなく、ダニの発生や二次的な昆虫類の発生にもつながります。
      弊社ではハトの巣の撤去から糞清掃まで対応可能です。

ハクビシンの駆除

ハクビシンの生態

ハクビシンは外来の哺乳類で、近年日本国内で急激に増えています。
頭胴長は60cm前後、尾は細長く40cm前後。顔の真ん中、鼻の白い筋が目立つ夜行性動物です。柿や桃、ミカンなどを食い散らかし、農業被害の原因となっています。
また、民家の床下や屋根裏等へ入り込んで糞尿を撒き散らしたり、ハクビシンに寄生しているノミ・ダニ等による二次被害の原因ともなります。

ハクビシンの駆除方法

ハクビシンの駆除方法は主に捕獲・追い出し・侵入口閉塞に分けられます。調査時に具体的に施工方法をご提案します。
また、同時にダニやノミの防除作業及び糞尿などの消臭作業を行う事も可能です。こちらも状況調査時にご提案しますので、お気軽にご相談ください。

 

【鳥獣対策に関する法規】

鳥獣保護法は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」の呼称です。
鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(以下、「鳥獣保護法」といいます。)の目的は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に資すること」とされています。この目的を達成するため、鳥獣保護法には、鳥獣の保護を図るための事業の実施、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に関わる被害の防止、さらに、猟具の使用に係る危険の予防に関する規定などが定められています。農作物や生活被害を発生させている個体に限り、県や市の許可を受けたうえで捕獲する事ができます。

お問い合わせ