営業部の佐藤祥斗です。

 

今回は外来種であるアメリカカンザイシロアリについて書いていきます。

 

まずアメリカカンザイシロアリとはどんなものか簡単に説明していきます。

日本での生息確認地は宮城県から沖縄まで24都府県で生息を確認。東京だと江戸川区、中野区で多く確認されています。

 

成虫(職蟻、兵蟻)の大きさ

8~11㎜

羽アリの色・体長

赤褐色〜黒褐色、6~8mm

羽アリの群飛時期

3月~11月の昼間

 

本来はアメリカの太平洋沿岸部に多く生息している。そんなアメリカカンザイシロアリは家具、建材などと一緒に日本に入って来た言われています。

このシロアリは、乾燥した木材を主に食していくため、床下だけでなく天井や床板、家具などあらゆる木材に侵入し建物内の木材を食べ尽くします。

そんなアメリカカンザイシロアリが大切な住まいに侵入しているかどうか、食害が進行しているかご自身でも確認する方法があります。

 

それは…

 

『シロアリの糞が落ちていないかどうか探す。』

というものです。

アメリカカンザイシロアリは木材を食べ進んでいくと、部分的に糞を外に排出します。

その時、1ヶ所に大量に排出することが多く、砂の山のようなものができます。

また、その砂は木と同系色をしています。

これを見つけた時は、アメリカカンザイシロアリが侵入していると判断ができます。

覚えのない砂の山を見つけたら

1日でも早くミヤコ消毒に相談してください!

シロアリ駆除のプロがお伺いし、最適な対処方法をお伝えいたします。

また、カンザイシロアリの調査では、目視や打診だけでなく専用の機材『ターマトラック』を使用し被害箇所、被害範囲を断定します。

 

調査ご希望の方はこちらまでご連絡ください。

調査・見積もりを無料にて行います。

 

株式会社 ミヤコ消毒

〒114-0032

東京都北区中十条3-20-5

TEL: 0120-00-3852

mail: info@kkmiyako.com

URL : https://www.kkmiyako.com/

担当: 佐藤 祥斗