EXTERMINATION

カの種類・生態

カ類の駆除は発生源を特定する事が重要です。
種類を特定することにより発生場所を特定できる場合があります。
また、種類を特定することにより生態が分かってきます。

アカイエカの特徴・生態

発生源は下水溝や側溝、水溜りなどで主に日没から夜間に吸血するカです。冬は成虫が休眠して越冬します。

ヒトスジシマカの特徴・生態

主な活動時間は日中で、昼間に庭や公園、やぶ、墓地などでよく吸血します。行動範囲はそれ程広くはなく、発生源の近くで獲物が来るのを待ち構えています。デングウィルスを媒介する昆虫としても知られ、近年では分布域が拡大しています。

チカイエカの特徴・生態

ビルの地下などで多く見られます。主な発生源は汚水槽、浄化槽、地下の側溝などです。都市の中心部ほど多く発生している害虫です。成虫のまま越冬するため、冬の時期に蚊に刺される場合はチカイエカの原因が考えられます。

駆除方法


お問い合わせCONTACT

対象から探すSERVICE